決断した人

田舎移住者にお勧め!距離のある引っ越し代が一番安い業者!6社の見積もり公開

田舎移住を決断し引っ越しの準備を進めていく中で一番気になるのが引っ越し費用・・・

田舎移住なので、かなりの距離を移動する事になる引っ越し。

絶対高い!!うん十万するんじゃ・・・?

って思って田舎移住を決断できない方の為に僕が実際に引っ越し業者6社を呼んで取った見積もり額を公開していきたいと思う。

【この記事を読んで解決する悩み
👍引っ越し業者の見積もりの基準が分かる
👍どの引っ越し業者の営業の仕方(感想)が分かる
👍引っ越し業者の見積もり打ち合わせの取り方が分かる
👍お得に引っ越しをする時期が分かる
👍6社の引っ越し業者の見積もり額が分かる

引っ越し業者の見積もりの基準

引っ越し業者の見積もりの基準を知らない人は多いと思う。

だから、交渉をするにも、ただ「安くしてよ」や、「もっと安くならないか?」と言ってるだけだとはっきり言って時間の無駄になる。

かくいう僕も、今回の田舎移住の引っ越しで6社の引っ越し業者を呼んで打ち合わせをしたが、結局、基準を分かっていれば電話の段階で無理かどうかが分かったので打ち合わせをする必要がなかったと思う。

引っ越し業者の見積もりの基準を簡単に言うとトラックの大きさ

トラックの大きさによりほぼほぼの値段が決まるみたい。

そのトラックの大きさを決めるのは、物品のポイントの合計。

詳しくはさすがに教えてくれなかったけど、この物品のポイントの合計でトラックの大きさと、人の人数が大体決まるみたい。

ちなみに現在のうちの家は家族4人の3LDK

僕、妻、子供8歳、子供1歳6か月

なので、おもちゃやらなんやらでかなり細かい荷物は多い。

ただ、トラックに荷物を積み込む時に段ボールの数はそこまで影響しないとの事。

どちらかというと、テレビやソファー等、重ねる事ができない、場所を取るもののポイントが高くなる。

各引っ越し業者の営業の仕方(感想)

今回、僕が見積もりをとったのは6社

1.サカイ引越センター
2.アリさんマークの引っ越し社
3.ハート引っ越しセンター
4.日本通運
5.アート引っ越しセンター
6.赤帽

各々の引っ越し業者で強い場面が違う事が今回分かった。

【サカイ引越センター】
サカイ引越センターは大手という事もあってか全国に支店を持っている。
丁寧な仕事には自信があるとの事。
ただ、あまり融通が利かないイメージがあった。
【アリさんマークの引っ越し社】
アリさんマークの引っ越し社は関西を中心に活動をしている会社。
関西圏の引っ越しには強いイメージがあった。
営業の方も爽やかな感じで話しやすかった。
【ハート引っ越しセンター】
ハート引っ越しセンターも、全国に支店を持っている会社。
営業の方が実際に現場に出ている方である程度の融通が利きそうな印象。
口コミサイトでも高評価がついている事が多い業者だった。
ただ、長距離の引っ越しはあまり得意ではないイメージ。
【日本通運】
日本通運も大手の業者。
ただ引っ越しにはあまり強くないイメージ。
国外への輸送等を多く手掛けているので、国外への引っ越しは得意かも?
というイメージ。
【アート引っ越しセンター】
アート引っ越しセンターも全国に支店を持つ会社。
全国に支店を持っているという事で、長距離の引っ越しに強いイメージ。
見積もりに来てくれた営業マンも自分の会社に自信を持っている感が凄くあった。
【赤帽】
1日に5台見たら幸せになれるという赤帽。
個人事業主で組織されていて軽貨物が強いイメージ。
単身向けなんかの軽トラック1台分なら安いと思う。
引っ越し業者それぞれに強みがあるので、自分の引っ越し状況に応じて業者を決めると良いかも。

引っ越し業者の見積もり打ち合わせの取り方

引っ越し業者に実際に見積もりを取りにきてもらう方法は色々あるけど、僕がした見積もり打ち合わせの日程決めはこのサイト!!



一気に見積もりの打ちあわせを入れれるのでお勧め!!

ただ、電話はかなりいっぱい掛かってきてうざいので 見積もりの打ちあわせを1日で終わらしたい人はぜひ!!

後は、ネットを見てひたすら色々な業者に電話をかける。

これはかなり面倒だと思うのでお勧めはしない・・・

後、このサイトから引っ越し業者を決めると、色々な特典が付いてくるからそれもお勧め!!

電気、ガス、水道なんかも手間いらずで手続きなんかもしてくれる!

お得に引っ越しをする時期

お得に引っ越しをする際に気を付けておきたい事がある。

それは、引っ越しする時期。

転勤や、年度末、子供の進学等色々な理由があると思うけど、この引っ越しする時期によってかなりの値段が変わってくるみたい。

特に一番高いのは、3月!!
4月は、子供の進学と年度末という事で、3月に引っ越しをする人が多いとの事。

約1.5倍~2倍位値段が上がるみたい。

【1月~12月の引っ越し業界の状況】
1月・・・繁忙期
2月・・・繁忙期
3月・・・超繁忙期
4月・・・繁忙期から閑散期
5月・・・閑散期
6月・・・閑散期
7月・・・閑散期
8月・・・閑散期
9月・・・閑散期から繁忙期
10月・・・繁忙期から閑散期
11月・・・閑散期
12月・・・閑散期
もし、4月の年度末、進学に合わして引っ越しを考えているんなら出来るだけ、2月頃にした方が良いと思う。
ちなみに僕は、7月の中頃に引っ越し予定だから閑散期の値段で行けた(笑)

実際に取った6社の引っ越し代金の見積もり

今まで色々な事を語ってきたけど、本題に入ろうと思う。

そう・・・実際に取った6社の引っ越し代の見積もり!!!

ちなみに僕の家の家族構成、荷物量、引っ越し距離、作業人数、作業時間をおさらいする。

 

家族構成・・・僕、妻、子供8歳、子供1歳6か月
荷物量・・・3LDK(4tトラック1台分 ※業者から聞いた
引っ越し距離・・・約250km(高速使って約4時間)
作業人数・・・4人との事 ※業者さんから聞いた
作業時間・・・4時間 ※業者さんから聞いた
引っ越し業者  値段
1.サカイ引越センター  180,000円
2.アリさんマークの引っ越し社  160,000円
3.ハート引っ越しセンター  160,000円
4.日本通運  200,000円
5.アート引っ越しセンター  123,000円
6.赤帽  460,000円

こんな感じだった。

ちなみに僕が選んだのは、値段も営業マンの対応も良かったアート引っ越しセンター

距離的に250kmもあったので、200,000円位はかかるかな?

と思ってたけど、かなり安くできて満足!!

ちなみに、アート引っ越しセンターの値段を他の所に相見積もりしたら、全社うちでは無理です・・・

って答えだった。

まとめ

今回は、僕達家族の状況での見積もりなので、絶対にこの値段!!とは言えないけど、田舎移住での引っ越しにはお金がめちゃくちゃかかる・・・と思っている人はぜひこの記事を参考にしてみて!!

僕達はほぼ貯金がない状況での田舎移住に踏み切ったので、出来るだけ安く!!という思いがあったからこの値段なら大満足だった。

ちなみにアート引っ越しセンターの人いわく、大きい物(2人で運ばないといけないもの)だけだった場合は50,000円位で行けるって言ってた。

時間と体力に余裕のある人は、大きい物だけ運んでもらって小さい物を自分たちで運ぶのもありと思う。

おわり!!



たっかん
たっかん
にほんブログ村にも登録しているので、【家族で古民家田舎暮らし】に興味がある方は、にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村👈をクリックしてフォロー宜しくです!!

 

ABOUT ME
たっかん
子供にのびのびと過ごしてほしい。 歩いて、海・山・川が行ける環境を作りたい!! との思いで2021年8月(コロナ禍)の時期に家族で田舎の古民家に移住を決意! 田舎暮らしで第2の人生をスタートさせたこのブログの管理人たっかんと申します。 古民家ならではの良さや苦労。 田舎ならではの良さや苦労を発信しています。 又、DIYやお得だな!!と思える情報も発信しています!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です