決断した人

太平洋側に住んでいる人は要注意!大型地震「南海トラフ巨大地震」

どうも!2021年8月に家族で田舎移住をして古民家で暮らしている、

たっかん
たっかん
たっかんです

 

今回は、大型地震「南海トラフ巨大地震」について、僕なりの見解をテーマに解説していきたいたいと思います。

この記事を読んでほしい人

👍田舎移住をどこにしようか迷っている人
👍南海トラフ大地震が怖くて夜も寝れない人

南海トラフ巨大地震とは?

南海トラフ大地震とは

フィリピン海プレートと太平洋プレートの境界の沈み込み帯である南海トラフ沿いが震源域と考えられている巨大地震の事。

このフィリピン海プレートと太平洋プレートは、日本の太平洋側にあるプレートです。

このフィリピン海プレートと太平洋プレートの境目が沈み込んでいったものが戻ろうとした際にその反動で地震が発生するのが南海トラフ巨大地震です。

 

南海トラフの発生確率

この南海トラフ巨大地震は、今までも約100年周期(平均80年周期)で巨大地震を起こしており、2021年の現在から約30年以内に80%の確率で発生すると言われています。

【南海トラフ地震の発生年】

684年 白鳳地震

887年 仁和地震

1096年 永長地震

1361年 正平(康安)地震

1498年 明応地震

1707年 室永地震

1854年 安政地震

1944年/1946年 昭和地震

最後に起こった昭和地震が、1944年なので、ここから100年と考えると、2044年までに南海トラフ巨大地震が起こると予想されています。

 

南海トラフ巨大地震の被害予想

南海トラフ巨大地震の地震規模としては、M(マグニチュード)9クラスの超巨大地震が予想されています。

又、この南海トラフ巨大地震の被害予想は、2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)よりも大きい被害が予想されています。

東日本大震災

2011年3月に発生した巨大地震

東北地方を中心に12都道府県で18425人の死者・行方不明者が発生した。

また、福島第一原子力発電所の事故があった事でも有名。

この地震により発生した津波は、場所によっては波高10メートル以上、最大遡上高40.1メートルにも上る巨大な津波が発生した。

この津波により、建築物の全壊・流失・半壊は、合わせて40万4893戸にも上った。

これだけの被害を出した東日本大震災よりも、大きな被害が予想されている南海トラフ地震はどれくらいの被害になるのか?

南海トラフの特徴として、まず、範囲がかなり広いという事もあり、太平洋側の街に甚大な被害を及ぼします。

また、この南海トラフ地震で最も恐れないといけない事が、【津波】です。

東日本大震災でも津波による被害が大きかったですが、今回の南海トラフ地震も津波による被害が大きくなります。

南海トラフ地震による被害予想は?

死者 約32万人(内訳:津波約23万人/建物倒壊約8万人/火災約1万人)

 

南海トラフ地震の被害が少ない都市は?

かなりの被害が出ると予想されている南海トラフ地震・・・

では、この南海トラフ地震を避ける事は出来ないのか?と思っている方も居ると思います。

 

僕も、この南海トラフ地震を凄く脅威に感じており、今回、田舎移住をするにあたり、太平洋側は避けて候補地を選びました。

 

国のシュミレーションでは、この南海トラフ地震が発生すると、ほぼ全ての地域で震度5程度の地震が起こると予想されています。

 

しかし、やはり太平洋側の地域が一番震度が高く、又津波での被害を被る可能性があります。

上記の【南海トラフの被害予想】を見てもらえば分かるように、津波での死者数が約23万人と一番大きい為、津波を避けれる地域であれば被害が少なくなる可能性があると思います。

 

僕が住んでいる日本海側の島根県や鳥取県では、南海トラフ地震の震度予想は震度5となっているため、比較的被害が少なくなると思っています。

 

南海トラフ地震の備え

南海トラフ地震は、30年以内に80%の確率で起こると予想されています。

起こると分かっているのであれば、少しでも被害を少なくする為の準備はしておくべきです。

 

今回、僕達家族は、なるべく被害が少ない日本海側の地域への田舎移住を決意しました。

また、いつ地震が来ても困らないように常日頃から非常食や、非常用品の準備をするようにしました。

\非常用品はこちら/

 

少し値段は高めですが、地震が来た時の被害を最小限に抑える事が出来るなら高くはないと思い、購入を決意しました。

自分もそうですが、家族を守る為にも絶対に必要な準備だと思います。

まとめ

南海トラフ地震は、もうすぐそこまで来ています。

田舎移住を考えている人は、この南海トラフ地震の事も考え、候補地を選んで頂けたらと思います。

 

また、いつ地震が来ても大丈夫なように、常に、ハザードマップの確認や、非常食等の準備は心掛けておくようにしていただけたらと思います。

 

自分や自分の家族を守れる準備をしっかり行えば、大きな被害が小さな被害になると思います!

おわり!!

たっかん
たっかん
にほんブログ村にも登録しているので、【家族で古民家田舎暮らし】に興味がある方は
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村👈をクリックしてフォロー宜しくです!!

 

ABOUT ME
たっかん
子供にのびのびと過ごしてほしい。 歩いて、海・山・川が行ける環境を作りたい!! との思いで2021年8月(コロナ禍)の時期に家族で田舎の古民家に移住を決意! 田舎暮らしで第2の人生をスタートさせたこのブログの管理人たっかんと申します。 古民家ならではの良さや苦労。 田舎ならではの良さや苦労を発信しています。 又、DIYやお得だな!!と思える情報も発信しています!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です